高校中退からの人生(プロフィール)

高校中退から年収700万超サラリーマンまでの中卒逆転人生

今回は自分語りな記事を書こうと思います。

 

自分に興味を持ってくれてる人なんて皆無ですが、こんな人生もあるんだよとネタにできる人生は送ってきたと思うので暇つぶしにでも読んでもらえたら光栄です。

 

また、この記事で伝えたい事としては

・低学歴で将来不安な方に勇気を与えたい

・高学歴で埋もれている人に克をいれたい

・なんとなく社会人している人に今のままでいいのか問いたい

そんな思いも含めて書いていきたいと思います。

 

※今、高校中退や高校に進学せず中卒の道を歩もうとしている人を応援するものではありません!

 

高校中退のくだりや現在の仕事に就くまでの話は別で記事にしていますので興味ある方はチェックしてみてください。

学生時代~高校退学まで

高校を辞めてから

 

高校を辞めてからの人生17.18歳時代

高校は3年生に上がる直前の春休みで退学しました。

 

中退後は競馬関係の就職も道を志し、免許取ったり、就職したり、挫折したりとここまで1年半。。

 

パチンコ屋で約1年勤務⇒ど底辺時代を経て将来に不安を持つようになる

 

人生に危機感を感じた19歳中盤戦

ヘルパーの資格を取って介護職を志す。

いつまでもパートになりそうで資格取って働くが早々に離脱。

 

正社員の就職を探すも、高卒、大卒、短大卒と『中卒ヤバイ!』と気づく・・・

 

何とか就職するが、そこはブラック企業だった。

 

ブラック企業で鍛えられた20-23歳

就職した企業は超絶ブラック企業!

 

22歳で結婚&パパになる

今では、大卒の新卒(22歳)と接する機会もあり、その時点で父親になってたってすごく考えさせられる。

学生上がりの22歳ってまだまだ『子供』感がすごいけど、二十歳前から社会に出ていた自分はだいぶ鍛えられてたんだなと。

 

ブラック企業の経験や同世代の人より早く父親になったことはすごくその後の就職に役に立った。

ブラック企業でも学ぶことはある!利用されるのではなく利用してから辞めよう!

 

23歳で転職!未経験職種だけど今までの経験がドはまり!企業との出会い

奇跡的に『学歴不問』の大手企業に就職が決まる。

この企業は実力主義をうたう、業界ではイケイケの成長企業。

 

当然下積み的な立場から始まるわけだが、実力主義をうたうだけあって昇降格がかなり多い。

年功序列の安定はないが結果を出したり期待を得る事でぐんぐん昇格していく。

年齢や先輩後輩は関係ないし上司が同僚になったり、更には部下になったりもよくある。

 

ある意味恐ろしい企業。

 

学歴なし、家庭もちでまさに背水の陣で『ここから人生挽回しよう!』とスタートをきった。

 

前職のブラック企業を経験したことで仕事は楽に感じるし、比較的起用なタイプなので仕事を覚えてくこと自体楽しく感じられてスポンジのごとく仕事を吸収できた。

八方美人な性格や前職の営業で鍛えられた対人スキルも後押ししてお局系マダムには好かれやすく、部活で染みついた礼儀正しさなんかもうまい事ハマって直属の上司からの評価はうなぎのぼり。

 

天職では!?と企業との出会いを運命に感じた。

 

下積みとして評価を勝ち取っていきながら約5年間でぐんぐん月収は上がり入社時400万くらいの年収は約500万超へ。

【低学歴の就職】成功を収めて高収入を目指す

会社で自分の価値を高める働き方(考え方)

27歳で尊敬できる上司との出会いで出世が加速

現職での中盤戦!

自分を上のステージに引き上げてくれる上司との出会いが転機を呼んだ。

 

『上司を出世させたい』

そう思える上司と出会うことが出来た。

 

人間味があって上にもしっかり意見を言える頼もしい上司。

部下の意見にも聞く耳を持ってくれるし任せてくれる!

 

理想の上司!

 

自分の責任を超えて上司の責任範囲まで網羅した仕事の立ち回りをするようになり右腕となった。

後半はまさに影武者。

 

2年ほどそんな状態を続けているうちに上司が栄転し、上司の推薦で上司の椅子が私に託されることになる。

この時点で年収は550⇒700万へ

 

やみくもに頑張るだけではダメ!かわいい部下になる秘訣!

29歳から現在(34歳)

社内でもかなり若くして幹部といわれるポジションまで這い上がった。

横並びの職位の人間は年上や先輩しかいない。

 

私は尊敬する上司の影を追いつつ自分自身が理想の上司になれるように努めている。

その間も評価を勝ち取り続けて月収は上がり続けている。

業績に左右されるボーナスでブレるが年収は750万前後。

 

会社に雇われる身ではあるが、直属の部下(約25人程度)の給与を握るポジションで今の立場をまかされている以上、キャリアや年齢などで自分の部下でいる事だけは残念に思ってもらいたくない。

 

部下の評価を勝ち取るためにはチームで成果を出す事、自分の評価を上げる事。その為には自分が何をすべきか、どう立ち回るか、どう導くか。

 

そんなことを考えながら日々仕事をして現在に至る。

 

仕事の質を高める為の3つのポイント

理想の上司になる為の心得

 

最後に

世間的な年収平均などを考えた時に年収が多い層に入るところまで正攻法でたどり着きました。

(もちろん自分より稼ぐ中卒の方も沢山います)

今の自分の状況は正直、突然変異と言える状況なのかなと正直思ってます。

 

年収を一つの物差しにするのであれば、自分より学歴が高くて収入の低い人には悔しいと思ってもらえればいいと思うし、学歴が同じような人にはこんな人もいるんだと、現状に満足せずに是非チャレンジしていってもらいたいと思います。

 

私が就職したころは『高学歴』『年功序列』が当たり前でしたが、今ではそれが崩れてきているので十分にチャンスがあります!

この記事をここまで読んでくれた方が暇つぶしで終わるのか、何かを感じてきっかけになるのかはわかりませんが、こんな雑草のような人生を歩んでる人もいるんです。

 

こんな自分語りのブログを最後まで読んで頂きありがとうございました!

会社で自分の価値を高める働き方(考え方)

ABOUT ME
初めまして! 虹色スパイス管理人の桃です☆ ブログ訪問ありがとうございます。 日常のネタやブログネタを中心に情報発信中です! 雑草のような人生も記事にまとめてますので是非覗いてやってください!